神戸国際コミュニティセンター

日本語(にほんご)の試験(しけん)

日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)
JLPT
世界(せかい)で 日本語(にほんご)を 勉強(べんきょう)する 人(ひと)は 多(おお)く なりました。海外(かいがい)で 日本語(にほんご)を 使(つか)う 時(とき)も 多(おお)く なりました。自分(じぶん)が どのぐらい 日本語(にほんご)が できるか、知(し)りたい 人(ひと)も 多(おお)く なりました。それで、1984年(ねん)に「日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)」が 始(はじ)まりました。 財団(ざいだん)法人(ほうじん) 日本(にほん)国際(こくさい)教育(きょういく)支援(しえん)協会(きょうかい)のHPへ
実用(じつよう)日本語(にほんご)検定(けんてい)
J.TEST
J.TEST実用(じつよう)日本語(にほんご)検定(けんてい)は、1991年(ねん)に 始(はじ)まりました。日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)(JLPT)の N1 よりも 高(たか)い レベルが わかります。会社員(かいしゃいん)、留学生(りゅうがくせい)、日本語(にほんご)学校生(がっこうせい)など、1年間(ねんかん)に 約(やく)70,000人が 試験(しけん)を 受(う)けます。
試験(しけん)は 1年間(ねんかん)に 6回(かい)あります。
アルクの日本語(にほんご)会話(かいわ)テストJSST JSSTとは、日本語(にほんご)の 会話(かいわ)の 試験(しけん)です。電話(でんわ)で 受(う)ける ことが できます。10分(ぷん) ぐらいの 試験(しけん) なので、日本語(にほんご)を 勉強(べんきょう)して いる 人(ひと)も 受(う)けるし、いろいろな 会社(かいしゃ)でも 使(つか)って います。

JSST は 日本語(にほんご)の 知識(ちしき)の 試験(しけん)では ありません。どんな 時(とき)に どんな 話(はな)し方(かた)を するかなど、いろいろな 場合(ばあい)に あった 話(はなし)を する ことが できるか どうか 試験(しけん)します。覚(おぼ)えるだけでは だめです。試験(しけん)を 受(う)ける 人(ひと)が、自分(じぶん)で 考(かんが)えて、日本語(にほんご)で 答(こた)えます。ですから 仕事(しごと)で 必要(ひつよう)な 日本語(にほんご)の 会話(かいわ)の 力(ちから)が わかります。
日本(にほん)留学(りゅうがく)試験(しけん)
EJU
日本(にほん)の 大学(だいがく)に 入学(にゅうがく)して、留学生(りゅうがくせい)に なりたい 人(ひと)が 受(う)けます。大学(だいがく)で 勉強(べんきょう)する 力(ちから)が あるか、授業(じゅぎょう)の 日本語(にほんご)が 分(わ)かるか 調(しら)べます。日本語(にほんご)や、理科(りか)や、数学(すうがく)などが あります。
BJTビジネス日本語(にほんご)能力(のうりょく)テスト BJTビジネス日本語(にほんご)能力(のうりょく)テストは、仕事(しごと)で どのくらい日本語(にほんご)が 使(つか)えるか、調(しら)べます。聞(き)く 試験(しけん)も、読(よ)む 試験(しけん)も あります。結果(けっか)は、0〜800点(てん)で、J1+〜J5まで 6つの レベルが あります。試験(しけん)を 受(う)ける 人(ひと)の 日本語(にほんご)が 上手(じょうず)に なったか どうか、よく わかります。



2015年(ねん)6月(がつ)時点(じてん)で確認(かくにん)できるデータ(でーた)を基(もと)にしています。その後(あと)に新(あたら)しい制度(せいど)ができたり、制度(せいど)が変(か)わる場合(ばあい)もありますのでご注意(ちゅうい)ください。なお、リンク先(りんくさき)のホームページ(ほーむぺーじ)は、作成者(さくせいしゃ)の責任(せきにん)で運営(うんえい)されているもので、神戸市(こうべし)はその内容(ないよう)などについての責任(せきにん)をまったく負(お)いません。