• 福祉(ふくし)生活保護のしおり

このしおりは、生活保護(せいかつほご)に ついて あなた に 知(し)って おいて いただきたい こと を わかりやすく書(か)いた もの です から、必(かなら)ず お読(よ)みください。
また、いつでも 見(み)る こと が できる よう、たいせつ に 持(も)って いて ください。

生活保護(せいかつ ほご)とは

国(くに)が 生活(せいかつ)に 困(こま)って いる すべて の 人々(ひとびと)に 対(たい)して 必要(ひつよう)な 保護(ほご)を 行(おこな)い、その人々(ひとびと)が 一日(にち)も 早(はや)く 自分自身(じぶん じしん)の 力(ちから)で 生活(せいかつ)が できる よう に 助(たす)け を する こと を 目的(もくてき)と しています。
保護(ほご)を 受(うけ)る こと は 国民(こくみん)の 権利(けんり)で すから、くらしに困(こま)って いる ときは、だれ でも 保護(ほご)を受(う)ける ことが できます。
生活保護(せいかつ ほご)には、①生活扶助(せいかつ ふじょ)、②住宅扶助(じゅうたく ふじょ)、③教育扶助(きょういく ふじょ)、④生業扶助(せいぎょう ふじょ)、⑤出産扶助(しゅっさん ふじょ)、⑥葬祭扶助(そうさい ふじょ)、⑦医療扶助(いりょう ふじょ)、⑧介護扶助(かいご ふじょ)の 8つ が あります。生活状況(せいかつ じょうきょう)や 世帯(せたい)の 収入(しゅうにゅう)に 応(おう)じて 必要(ひつよう)な 扶助(ふじょ)が 支給(しきゅう)されます。

保護(ほご)の手続(てつづ)き

生活保護(せいかつ ほご)を申請(しんせい)する とき は、生活(せいかつ)に 困(こま)って いる 状況(じょうきょう)を 話(はな)して、関係書類(かんけい しょるい)を 出(だ)して ください。担当員(たんとう いん)が 必要(ひつよう)な 調査(ちょうさ)を 行(おこな)って から、保護(ほご)が受(うけ)られる か どうか に ついての福祉事務所(ふくし じむしょ)の 決定(けってい)を 文書(ぶんしょ)で お知(し)らせ します。
もし、30日(にち)を過(す)ぎて も 福祉事務所(ふくし じむしょ)から 連絡(れんらく)や 通知(つうち)が ない ときは、福祉事務所(ふくし じむしょ)に 聞(き)いて ください。

福祉事務所(ふくし じむしょ)に相談(そうだん )してください

福祉事務所(ふくし じむしょ)には、あなたの家庭(かてい)の 悩(なや)み や 心配(しんぱい)ごと の ほか、いろいろな問題(もんだい)の 相談相手(そうだん あいて)と なり、解決(かいけつ)の 手助(てだすけ)を する担当員(たんとう いん)(ケースワーカー)が います。担当員(たんとう いん)は、あなた の 家庭(かてい)を 定期的(ていき てき)に 訪(たず)ねて 調査(ちょうさ)を したり、相談(そうだん)を受(う)けたり します ので、生活(せいかつ)の こと で 困(こま)った こと が あれば、遠慮(えんりょ)しない で 話(はな)して ください。なお、原則(げんそく)と して 事後(じご)の 申請(しんせい)には 対応(たいおう)できないので、できる限(かぎ)り事前(じぜん)に 報告(ほうこく)や 相談(そうだん)を して ください。

保護(ほご)を 受(う)けている とき に 認(みと)められている こと

保護(ほご)を 受(う)けて いる とき、あなた には つぎ の 権利(けんり)が あります。 ○ 正当(せいとう)な 理由(りゆう)が なく、保護(ほご)を とめられたり、保護費(ほごひ)が 減(へ)らされたり する こと は ありません。 ○ 保護費(ほごひ)として 受(う)けとる お金(かね)や 品物(しなもの)、または 保護(ほご)を 受(う)ける権利(けんり)は 差押(さしおさ)え られません。 ○ 保護費(ほごひ)と して 受(う)けとる お金(かね)や 品物(しなもの) には、税金(ぜいきん)が かかりません。

生活保護費(せいかつ ほご)について

生活保護(せいかつ ほご)制度(せいど)に おいては、毎月(まいつき)支給(しきゅう)される 保護費(ほごひ)に より、衣類(いふく)や 家財(かざい)道具(どうぐ)など 生活(せいかつ)用品(ようひん)の 買(か)い替(か)えに かかる お金(かね)や 交通費(こうつう ひ)など、日常(にちじょう)生活(せいかつ)に 必要(ひつよう)な お金(かね)を 賄(まかな)う こと に なっています。
しかし、入学(にゅうがく)、求職活動(きゅうしょく かつどう)、転居(てんきょ)など に より 特別(とくべつ)に お金(かね)が 必要(ひつよう)な とき や、病気(びょうき)や 身体(からだ)の 状態(じょうたい)に より 通院(つういん)に 特(とく)に 交通費(こうつうひ)が 必要(ひつよう)に なるなど、特別(とくべつ)な こと が あった ときは、必要(ひつよう)最小限(さいていげん)の お金(かね)を 別(べつ)に 支給(しきゅう)できる こと が あります。ただし、一定(いってい)の 条件(じょうけん)を 満みたす こと が 必要(ひつよう)で あり、支給額(しきゅうがく)には 上限(じょうげん)が あります。
上記じょうきのようなことで困こまったことがあれば、まずは福祉事務所ふくしじむしょに相談そうだんしてください。

※生活保護(せいかつ ほご)は 事前(じぜん)の 申請(しんせい)が 原則(げんそく)です。必(かなら)ず 事前(じぜん)に福祉(ふくし)事務所(じむしょ)に 相談(そうだん) して ください。
支給(しきゅう)に あたっては 領収書等(りょうしゅうしょ など)の 書類(しょるい)がいります。

病気(びょうき)になったとき

  • 指定(してい)された 病院(びょういん)や 医院(いいん)で 受診(じゅしん)が できます ので、福祉事務所(ふくしじむしょ)で「医療券(いりょうけん)」を受(う)けとって から 受診(じゅしん)して ください。印鑑(いんかん)を もって きてください。
  • 夜間(やかん)、休日(きゅうじつ)に 急病(きゅうびょう)に なったときは、保護費(ほけんひ)支払通知書(しはらいつうちしょ)【夜間(やかん)・休日等(きゅうじつなど)緊急受診証(きんきゅうじゅしんしょう)】を病院(びょういん)や 医院(いいん)に 見(み)せる と 受診(じゅしん) できます。受診後(じゅしんご)は できるだけ 早(はや)く 福祉事務所(ふくしじむしょ)に 届(とど)けて ください。
  • 病気(びょうき)が 治(な)おったとき、受診(じゅしん)しなく なった とき は 届(とど)けてください。
  • 健康保険(けんこうほけん)【国民健康保険(こくみん ほけん)を 除(のぞ)く】の資格(しかく)が できた とき、なくなった とき は 届(とど)けて ください。国民健康保険証(こくみん けんこう ほけんしょう)は、保護受給中(ほご じゅきゅうちゅう)は 使(つか)え ません。
  • 生活保護(せいかつほご)が 停止(ていし)または 廃止(はいし)に なった 場合(ばあい)は、「保護費支払通知書(ほご ひしはらい つうちしょ)(夜間(やかん)・休日等(きゅうじつなど)緊急受診証(きんきゅう じゅしんしょう)」を速(すみ)やか に 福祉事務所(ふくし じむしょ)へ 返(か)えして ください。不正(ふせい)に 使(つか)う と 罰(ば)っせられる こと が あります。
  • 保護( ほご)を 受(う)けている 人(ひと)の 病状(びょうじょう)の 確認(かくにん)が 必要(ひつよう)な 場合(ばあい)、受診先(じゅしん さき)の 医療機関(いりょう きかん)の 医師等(いし など)から 福祉事務所(ふくしじむしょ)が 話(はな)し を 聞(き)きます。

保護(ほご)の 決定(けってい)に 不服(ふふく)が ある とき

保護(ほご)の 決定(けってい)に ついて、わからない こと や 疑問(ぎもん)が ある とき は、福祉事務所(ふくしじむしょ)に 話(はな)して 説明(せつめい)を 求(もと)めて ください。納得(なっとく)が できない ときは、決定(けってい)が あった こと を 知(し)った 日(ひ)の 翌日(よくじつ)から 60日(にち)以内(いない)に 兵庫県知事(ひょうごけん ちじ)に 審査(しんさ)を 求(もと)める ことが できます。また、申請(しんせい)から 30日(にち)を 過(す)ぎ ても 保護(ほご)の 決定(けってい)に 関(かん)する 通知(つうち)が ない とき も、同(おな)じ よう に 審査(しんさ)を 求(もと)める こと が できます。ただし、外国籍(がいこく せき)の 人(ひと)は 決定内容(けってい ないよう)に 関(かん)する 審査(しんさ)を 受(う)ける ことは できません。

援護(えんご)について

生活保護(せいかつ ほご)を 受(う)けている 間(あいだ)、次(つぎ)の ような 援護(えんご)が 受(う)けられます ので、担当員(たんとう いん)に 相談(そうだん)して ください。

  • 国民年金保険料(こくみん ねんきん ほけんりょう) 免除(めんじょ)任意加入者(にんい かにゅうしゃ)を除(のぞ)く。
  • NHK放送受信料(ほうそう じゅしん りょう) 免除(めんじょ)
  • 市・県民税(し・けんみんぜい) 免除(めんじょ)
  • 固定資産税(こてい しさんぜい) 生活扶助(せいかつ ふじょ)受給世帯(じゅきゅう せたい)は免除(めんじょ)
  • 心身障害者(しんしん しょうがいしゃ)扶養共済(ふよう きょうさい) 一口目(ひとくちめ)の掛金(かけきん)免除(めんじょ)

あなたが しなければ ならない こと

生活保護(せいかつ ほご)を 受(う)ける 前(まえ)、受(う)けて からも、次(つぎ)の こと を して ください。 ○ 働(はたら)ける 人(ひと)は 求職活動(きゅうしょく かつどう)を 行(おこな)い、自分(じぶん)の 能力(のうりょく)に 応(おう)じて 働(はたら)く。 ○ あなたが生活(せいかつ)する のに 直接(ちょくせつ) 必要(ひつよう)が ない 資産(しさん)【土地(とち)、家屋(いえ)、自動車(じどうしゃ)、生命保険(せいめいほけん)など】が あれば 処分(しょぶん)する。 ○ 親(おや)・子(こ)・兄弟(きょうだい)姉妹(しまい)から 援助(えんじょ)を 受(う)けられる とき は 受(う)ける。 ○ 年金(ねんきん)、手当(てあて)、保険金(ほけんきん)など 給付(きゅうふ)を 受(う)けられる もの が あれば、すべて 受(う)けとる 手続(てつづ)き を する。 ○ 病気(びょうき)の 人(ひと) は担当員(たんとう いん)や 医師(いし)の 指導(しどう)・指示(しじ)を 守(ま)もって 療養(りょうよう)に はげみ、一日(いちにち)も 早(はや)く 元気(げんき)な からだ に なれる よう 努(つ)とめる。 ○ 節約(せつやく)を 図(はか)り、生活(せいかつ)の 維持(いじ)・向上(こうじょう)に 努(つ)める。

あなたが 届(とど)け 出(で)る こと

生活保護法(せいかつ ほごほう)では、あなたの世帯(せたい)の 生活(せいかつ)や 生計(せいけい)の 状態(じょうたい)が 変(か)わった とき には、速(すみ)やか に 届(とど)け なければ なりません。あなたが 必要(ひつよう)な 届出(とどけで)を しなかったり、事実(じじつ)と 違(ちが)う 申請(しんせい)や 届出(とどけで)を して、不正(ふせい)に 保護(ほご)を 受(う)けた 場合(ばあい)は、保護費(ほごひ)を 返(か)えして もらったり 罰(ばっ)せられる こと が あります から、世帯全体(せたいぜんたい)に ついて 次(つぎ)の ような ことが あれば 速(すみ)やか に 届出(ととけで)を して ください。

  • 家族(かぞく)の人数(にんずう)が変(か)わる とき【出生(しゅっせい)、死亡(しぼう)、転入(てんにゅう)、転出(てんしゅつ)】
  • 住んでいる場所や、家賃の額が変わるとき
  • 働(はたら)く ように なる とき や、仕事(しごと)を 変(か)わったり やめたりする とき
  • 給与(きゅうよ)・年金(ねんきん)・手当(てあて)・仕送(しおく)りなど の 収入(しゅうにゅう)の 有無(うむ)や、保険金(ほけんきん)・補償金(ほしょうきん)など の 臨時収入(りんじ しゅうにゅう)が ある とき【高校生(こうこうせい)の アルバイト収入(しゅうにゅう)や 借入金(かりいれきん)など も含(ふく)みます】
  • 給与(きゅうよ)・年金(ねんきん)・手当(てあて)・仕送(しおく)り など の 収入(しゅうにゅう)が 増(ふ)えたり 減(へ)ったり する とき
  • 病気(びょうき)、けが、出産(しゅっさん)など で 入院(にゅういん)また は 退院(たいいん)する とき
  • 自分(じぶん)の 力(ちから)で 生活(せいかつ)できる 見通(みとお)しが ついた とき
  • 海外(かいがい)に 渡航(とこう)する とき
  • 暴力団(ぼうりょくだん)に 加入(かにゅう)して いる、または 加入(かにゅう)する とき

    ※暴力団員(ぼうりょく だんいん)は 保護(ほご)を 受(う)ける ことが できません

福祉事務所(ふくし じむしょ)に よる 調査(ちょうさ)

福祉事務所(ふくし じむしょ)では、保護(ほご)の 決定(けってい) または 実施(じっし)の ために 必要(ひつよう)が ある とき は、関係機関(かんけい きかん)に 対(たい)して 次(つぎ)の ような 調査(ちょうさ)をします。

  • 資産(しさん)の 保有状況(ほゆう じょうきょう)の 確認(かくにん)【金融機関(きんゆう きかん)、生命保険会社(せいめい ほけん かいしゃ)、市区町村(しちょうそん)の 固定資産担当部署(こてい しさん たんとう ぶしょ)、法務局(ほうむ きょく)、陸運事務所(りくうん じむしょ など)】
  • 収入状況(しゅうにゅう じょうきょう)の 確認(かくにん)【市区町村(しくちょうそん)の 課税担当部署(かぜい たんとうぶしょ)、雇用主(こようぬし)など】
  • 求職活動状況(きゅうしょく かつどう じょうきょう)の 確認(かくにん)【公共職業安定所(こうきょう しょくぎょう あんていしょ)、面接先事業所(めんせつさき じぎょう しょうかい)など】
  • 暴力団在籍状況(ぼうりょくだん ざいせき じょうきょう)(警察署)(けいさつ しょ)

    ※暴力団員(ぼうりょく だんいん)は 保護(ほご)を 受(う)けることが できません。

指導(しどう)や 指示(しじ)に 従(したが)って ください

福祉事務所(ふくし じむしょ)は、あなた の 生活(せいかつ)の 維持(いじ)、向上(こうじょう) その他(ほか 保護(ほご)の 目的(もくてき)達成(たっせい)の ために、必要(ひつよう)な 指導(しどう)や 指示(しじ)を する こと があります。もし、この指導(しどう)指示(しじ)に 従(したが)って もらえない ときは、保護(ほご)が 受(う)けられなく なる こと が あります。

相談先(そうだんさき)の 区保健福祉部(く ほけんふくしぶ)・保護課(ほごか)(福祉事務所)(ふくし じむしょ)

なまえ 住所(じゅうしょ) TEL
東灘区保健福祉部(ひがしなだく ほけん ふくしぶ)(東灘福祉事務所)(ひがしなだ ふくし じむしょ) 東灘区(ひがしなだく)住吉東町(すみよしひがしまち)5-2-1 078-841-4131
灘区保健福祉部(なだく ほけん ふくしぶ)(灘福祉事務所)(なだ ふくし じむしょ) 灘区(なだく)桜口町(さくらまち)4-2-1 078-843-7001
中央区保健福祉部(ちゅうおうく ほけん ふくしぶ)(中央福祉事務所)(ちゅうおう ふくしじむしょ) 中央区(ちゅうおうく)雲井通(くもいどおり)5-1-1 078-232-4411
兵庫区保健福祉部(ひょうごく ほけん ふくしぶ)(兵庫福祉事務所)(ひょうご ふくし じむしょ) 兵庫区(ひょうごく)荒田町(あらたちょう)1-21-1 078-511-2111
北区保健福祉部(きたく ほけん ふくしぶ)(北福祉事務所)(きた ふくし じむしょ) 北区(きたく)鈴蘭台西町(すずらんだいにしまち)1-25-1 078-593-1111
北区保健福祉部(きたく ほけん ふくしぶ) 北神担当(ほくしん たんとう)
(北福祉事務所(きた ふくし じむしょ)北神分室(ほくしん ぶんしつ)

北区(きたく)藤原台(ふじわらだい)中町(なかまち)1-2-1
北神中央(ほくしんちゅうおう)ビル2F

078-981-8870
長田区保健福祉部(ながたく ほけん ふくしぶ)(長田福祉事務所)(ながた ふくし じむしょ) 長田区(ながたく)北町(きたまち)3-4-3 078-579-2311
須磨区保健福祉部(すまく ほけん ふくしぶ)(須磨福祉事務所)(すま ふくし じむしょ) 須磨区(すまく)大黒町(だいこくちょう)4-1-1 078-731-4341
須磨区北須磨支所保健福祉課(すまく きた すまししょ ほけん ふくしか)
(須磨福祉事務所 北須磨支所)(すま ふくし じむしょ きた すま ししょ)
須磨区(すまく)中落合(なかおちあい)2-2-5 078-793-1313
垂水区保健福祉部(たるみく ほけん ふくしぶ)(垂水福祉事務所)(たるみ ふくし じむしょ) 垂水区(たるみく)日向(ひゅうが)1-5-1 078-708-5151
西区保健福祉部(にしく ほけん ふくしぶ)(西福祉事務所)(にし ふくし じむしょ) 西区(にしく)玉津町(たまつちょう)小山(こやま)字(あざ)川端(かわばた)180-3 078-929-0001