神戸国際コミュニティセンター
福祉

「児童(じどう)手当(てあて)」の申(もう)し込(こ)み方(かた)

1 児童(じどう)手当(てあて)は 次(つぎ)の ような 場合(ばあい)に もらう ことが できます

(1)児童(じどう)手当(てあて)制度(せいど)

 日本(にほん)に 住民(じゅうみん)登録(とうろく)を して いて、子(こ)どもを 育(そだ)てて いる 人(ひと)が、お金(かね)を もらう ことが できます。もらう ことが できる 子(こ)どもは、次(つぎ)のような 子(こ)どもです。お父(とう)さんと お母(かあ)さんが いっしょに 子(こ)どもを 育(そだ)てて いる 場合(ばあい)は、給料(きゅうりょう)の 多(おお)い 人(ひと)が お金(かね)を もらう 人(ひと)に なります。


(2)児童(じどう)手当(てあて)を もらう ことが できる 子(こ)ども

 0歳(さい)から 中学校(ちゅうがっこう)を 卒業(そつぎょう)する までの 年(とし)の 子(こ)ども(15歳(さい)に なってから 最初(さいしょ)の 3月(がつ)31日(にち)まで)が 児童(じどう)手当(てあて)を もらう ことが できます。

外国(がいこく)に 住(す)んで いる 子(こ)どもは 児童(じどう)手当(てあて)を もらう ことが できません。

※留学(りゅうがく)で 外国(がいこく)に 住(す)んで いる 子(こ)どもは もらう ことが できる かもしれません。 もらう ために 次(つぎ)の 3つ 全部(ぜんぶ)に あてはまらなければ なりません。そして、 留学(りゅうがく)の 書類(しょるい)を 出(だ)さなければ なりません。

  • 日本(にほん)の 住所(じゅうしょ)が なくなった 日(ひ)の 前(まえ)の 日(ひ)までに、続(つづ)けて 3年(ねん)より 長(なが)く 日本(にほん)の 住所(じゅうしょ)を 持(も)って いた。
  • 勉強(べんきょう)する ために 外国(がいこく)に 住(す)んで いる。でも、お父(とう)さんや お母(かあ)さん(未成年(みせいねん)後見人(こうけんにん)という  子(こ)どもの 世話(せわ)を する 人(ひと)が いる 場合(ばあい)は その 人(ひと))と いっしょに 住(す)んで いない。
  • 日本(にほん)の 住所(じゅうしょ)が なくなった 日(ひ)から 3年(ねん)か 3年(ねん)より 短(みじか)い。

(3)子(こ)ども 1人(ひとり)が もらう ことが できる お金(かね)

もらう ことが できる 子(こ)どもの 年(とし) 1か月(いっかげつ)に もらう お金(かね)
0歳(さい)から 3歳(さい)より 小(ちい)さい 15,000円(えん)(どの 子(こ)どもも 同(おな)じ)
3歳(さい)から 小学校(しょうがっこう)を 卒業(そつぎょう)する 前(まえ)まで 10,000円(えん)(1人目の 子(こ)どもと 2人目(め)の 子(こ)ども)
15,000円(えん)(3人目(め)の 子(こ)どもから)
中学生(ちゅうがくせい) 10,000円(えん)(どの 子(こ)どもも 同(おな)じ)
たくさん 給料(きゅうりょう)を もらっている 場合(ばあい)(※) 5,000円(えん)(どの 子(こ)どもも 同(おな)じ)

※「たくさん 給料(きゅうりょう)を もらって いる 場合(ばあい)」は、世話(せわ)を して いる 家族(かぞく)の 数(かず)や 控除(こうじょ)(税金(ぜいきん)から 引(ひ)く ことが できる お金(かね))で ちがいます。詳(くわ)しい ことは 4の 「お問(と)い合(あ)わせ先(さき)」に 聞(き)いて ください。


(4)いつ お金(かね)を もらうか。どうやって お金(かね)を もらうか。

 1年(ねん)に 3回(かい)(6月(がつ)と 10月(がつ)と 2月(がつ)) もらいます。 2月(がつ)から 5月(がつ)の お金(かね)を 6月(がつ)に もらいます。6月(がつ)から 9月(がつ)の お金(かね)を 10月(がつ)に もらいます。10月(がつ)から 1月(がつ)の お金(かね)を 2月(がつ)に もらいます。  役所(やくしょ)が 子(こ)どもを 育(そだ)てて いる 人(ひと)の 口座(こうざ)に お金(かね)を 入(い)れます。


2 児童(じどう)手当(てあて)を もらいたい 人(ひと)は、申(もう)し込(こ)まなければ なりません

(1)児童(じどう)手当(てあて)を もらいたい 人(ひと)は 「児童(じどう)手当(てあて)認定(にんてい)請求書(せいきゅうしょ)」という 書類(しょるい)を 書(か)いて、(2)の 書類(しょるい)と いっしょに 4の「申請(しんせい)窓口(まどぐち)(申(もう)し込(こ)む ところ)」に 出(だ)して ください。
 市(し)役所(やくしょ)などが 調(しら)べて、 「もらう ことが できる」と 決(き)めた 場合(ばあい)に、 お金(かね)を もらう ことが できます。


(2)申(もう)し込(こ)む ときに 「児童(じどう)手当(てあて)認定(にんてい)請求書(せいきゅうしょ)」と いっしょに 必要(ひつよう)な もの
・申(もう)し込(こ)む 人(ひと)の 健康(けんこう)保険証(ほけんしょう)の コピー(健康(けんこう)保険(ほけん)に 入(はい)って いる 場合(ばあい))
・お金(かね)を もらう 口座(こうざ)の 通帳(つうちょう)の コピー(申(もう)し込(こ)む 人(ひと)の 口座(こうざ) だけです)
※他(ほか)の 書類(しょるい)を 出(だ)さなければ ならない かもしれません。


(3)普通(ふつう)、申(もう)し込(こ)んだ 月(つき)の 次(つぎ)の 月(つき)から もらう ことが できます。


(4)「児童(じどう)手当(てあて)」を もらう 人(ひと)は、 毎年(まいねん) 6月(がつ)に 「現況届(げんきょうとどけ)」を 出(だ)さなければ なりません。 子(こ)どもを どうやって 育(そだ)てて いるか、 給料(きゅうりょう)を いくら もらって いるかなど、調(しら)べる ためです。出(だ)さなければ、お金(かね)を もらう ことが できません。 (「現況届(げんきょうとどけ)」は、4の「お問(と)い合(あ)わせ先(さき)(詳(くわ)しい ことを きく ところ)」に 聞(き)いて ください。)


3 お願(ねが)い

次(つぎ)の ような 場合(ばあい)に 届(とど)けなくては なりません。

  • 受給者(じゅきゅうしゃ)(お金(かね)を もらう 人(ひと))や 児童(じどう)手当(てあて)を もらう ことが できる子(こ)どもの 住所(じゅうしょ)が 変(か)わった とき
    (他(ほか)の 市区(しく)町村(ちょうそん)に 引(ひ)っ越(こ)した 場合(ばあい)、 新(あたら)しい 住所(じゅうしょ)の 市区(しく)町村(ちょうそん)で、 もういちど 児童(じどう)手当(てあて)を 申(もう)し込(こ)まなければ なりません。)
  • 受給者(じゅきゅうしゃ)(お金(かね)を もらう 人(ひと))や 児童(じどう)手当(てあて)を もらう ことが できる 子(こ)どもが 日本(にほん)から 出国(しゅっこく)する とき
  • 子(こ)どもを 育(そだ)てなく なった とき(たとえば、離婚(りこん)した とき)
  • 子(こ)どもと 別々(べつべつ)に 住(す)む とき
  • 子(こ)どもが 生(う)まれたり、死(し)んだりして、児童(じどう)手当(てあて)を もらう ことが できる 子(こ)どもの 数(かず)が 変(か)わった とき
  • お金(かね)を もらう 口座(こうざ)を 変(か)える とき(新(あたら)しい 口座(こうざ)は、 申(もう)し込(こ)む 人(ひと)の 口座(こうざ) だけです。)
  • お金(かね)を もらう 人(ひと)が 公務員(こうむいん)に なった とき

など
※子(こ)どもが 生(う)まれたり、引(ひ)っ越(こ)したり する 場合(ばあい)は、その 次(つぎ)の 日(ひ)から 15日間(にちかん)が 過(す)ぎる 前(まえ)に 手続(てつづ)きを して ください。 手続(てつづ)きが 遅(おそ)く なると、 何か月(なんかげつ)か 手当(てあて)てを もらう ことが できないかも しれません。


4 お問(と)い合(あ)わせ先(さき)(詳(くわ)しい ことを 聞(き)く ところ)申請(しんせい)窓口(まどぐち)(申(もう)し込(こ)む ところ)

住民(じゅうみん)登録(とうろく)を して いる 区(く)役所(やくしょ)こども家庭(かてい)支援課(しえんか)<北須磨(きたすま)支所(ししょ)の 地区(ちく)に 住(す)んでいる 人(ひと)は 北須磨(きたすま)支所(ししょ)保健(ほけん)福祉課(ふくしか)>・北神(ほくしん)保健(ほけん)福祉課(ふくしか)に 聞(き)いて ください。



2015年(ねん)7月(がつ)時点(じてん)で確認(かくにん)できるデータ(でーた)を基(もと)にしています。その後(あと)に新(あたら)しい制度(せいど)ができたり、制度(せいど)が変(か)わる場合(ばあい)もありますのでご注意(ちゅうい)ください。なお、リンク先(りんくさき)のホームページ(ほーむぺーじ)は、作成者(さくせいしゃ)の責任(せきにん)で運営(うんえい)されているもので、神戸市(こうべし)はその内容(ないよう)などについての責任(せきにん)をまったく負(お)いません。