• 出生(しゅっしょう)・死亡(しぼう)出生(しゅっしょう)

子(こ)どもが 生(う)まれた ときの 手続(てつづ)き

子(こ)どもが 生(う)まれた とき

【父(ちち)か 母(はは)が 外国人(がいこくじん)の とき】

住(す)んで いる ところか 日本人(にほんじん)の 本籍地(ほんせきち)(本籍(ほんせき)が ある ところ)の 市(し)役所(やくしょ)や 区(く)役所(やくしょ)に 行(い)かなければ なりません。子(こ)どもが 生(う)まれてから 14日(じゅうよっか)の 間(あいだ)に 行(い)きます。そして、1~3の 紙(かみ)を 出(だ)します。

  • 1. 出生届(しゅっしょうとどけ)(市(し)役所(やくしょ)や 区(く)役所(やくしょ)、病院(びょういん)で もらいます)
  • 2. 母子健康手帳(ぼしけんこうてちょう)
  • 3. 国民健康保険証(こくみんけんこうほけんしょう)

*注意(ちゅうい):日本(にほん)以外(いがい)で 子(こ)どもを 生(う)んで、子(こ)どもに 日本(にほん)の 国籍(こくせき)が ほしい とき、生(う)まれてから 3か月(げつ)の 間(あいだ)に 日本(にほん)の 市(し)役所(やくしょ)に 行(い)かなければ なりません。

【父(ちち)も 母(はは)も 外国人(がいこくじん)の とき】

住(す)んでいる ところの 市(し)役所(やくしょ)か 区(く)役所(やくしょ)に 行(い)かなければ なりません。子(こ)どもが 生(う)まれて から 14日(にち)の間(あいだ)に 行(い)きます。そして、1~3の 紙(かみ)を 出(だ)します。

  • 1. 出生届(しゅっしょうとどけ)(市(し)役所(やくしょ)や 区(く)役所(やくしょ)、病院(びょういん)で もらいます)
  • 2. 母子健康手帳(ぼしけんこうてちょう)
  • 3. 国民健康保険証(こくみんけんこうほけんしょう)

*注意(ちゅうい):父(ちち)も 母(はは)も 外国人(がいこくじん)の 赤(あか)ちゃんが 日本(にほん)に 住(す)む とき、在留(ざいりゅう)資格(しかく)が いります。入国(にゅうこく)管理局(かんりきょく)に 聞(き)いて ください。

質問(しつもん):お父(とう)さんか お母(かあ)さんの 1人(ひとり)が 日本人(にほんじん)です。赤(あか)ちゃんの 国籍(こくせき)は どこですか?

答(こた)え:日本(にほん)では、お父(とう)さんか お母(かあ)さんの 1人(ひとり)が 日本人(にほんじん)で、日本(にほん)で 赤(あか)ちゃんが 生(う)まれた とき、子(こ)どもは 日本(にほん)の 国籍(こくせき)です。外国(がいこく)で 赤(あか)ちゃんが 生(う)まれて、3か月(げつ)の 間(あいだ)に 市(し)役所(やくしょ)に 紙(かみ)を 出(だ)すと、子(こ)どもは、22歳(さい)に なった とき 日本(にほん)か 外国(がいこく)の 国籍(こくせき)を 選(えら)ぶ ことが できます。国(くに)に よって ちがいますから、わからない ことは、大使館(たいしかん)や 市(し)役所(やくしょ)で 聞(き)いて ください。

参考(さんこう):『外務省(がいむしょう)HP戸籍(こせき)・国籍(こくせき)関係(かんけい)の 届出(とどけで)について』

2013年(ねん)7月(がつ)時点(じてん)で確認(かくにん)できるデータ(でーた)を基(もと)にしています。その後(あと)に新(あたら)しい制度(せいど)ができたり、制度(せいど)が変(か)わる場合(ばあい)もありますのでご注意(ちゅうい)ください。なお、リンク先(りんくさき)のホームページ(ほーむぺーじ)は、作成者(さくせいしゃ)の責任(せきにん)で運営(うんえい)されているもので、神戸市(こうべし)はその内容(ないよう)などについての責任(せきにん)をまったく負(お)いません。