• 資格(しかく)日本語(にほんご)の 資格(しかく)

日本語の資格

日本語能力試験
(にほんご のうりょくしけん)JLPT
世界(せかい)各地(かくち)で 日本語(にほんご)を 学(ま)なぶ 人(ひと)の 数(かず)は 急速(きゅうそく)に 増(ふ)えて います。海外(かいがい)に おける 日本語(にほんご)学習者(がくしゅうしゃ)が、実際(じっさい)に 日本語(にほんご)を 活用(かつよう)する 機会(きかい)も ますます 多(おお)く なって きました。
それと ともに、自分(じぶん)の 習得(しゅうとく)した 日本語(にほんご)の 能力(のうりょく)を 客観的(きゃっかんてき)に 測定(そくてい)、認定(にんてい)して ほしい という 声(こえ)が 日本語(にほんご)学習者(がくしゅうしゃ)の 間(あいだ )で 高(たか)まり ました。
こうした 要望(ようぼう)に こたえ、1984年に 始 (は)じまった「日本語能力試験(にほんご のうりょく しけん)」です。

WEB
実用日本語検定
(じつよう にほんご けんてい)J.TEST
J.TEST実用(じつよう)日本語(にほんご)検定(けんてい)は、外国人(がいこくじん)の 日本語能力(にほんご のうりょく)を客観的(きゃっかんてき )に 測定(そくてい)する 試験(しけん) として、19991年(ねん)から 実施(じっし) されて います。
会社員(かいしゃいん)、留学生(りゅうがくせい)、日本語学校生(にほんご がっこう)など、年間(ねんかん) 約(やく)7万人(まんにん)が 受験(じゅけん) して います。
試験(しけん)は 年(ねん)6回(かい) あります。

WEB
アルク の 日本語会話(にほんご かいわ)テスト
JSST
JSSTとは、電話(でんわ)で 手軽(てがる)に 受験(じゅけん) できる 日本語(にほんご)の 会話力(かいわりょく)テストです。手軽(てがる)に 日本語(にほんご)の 運用能力(うんようのうりょく)を 測(はか)れる こと から、日本語学習者(にほんご がくしゅうしゃ)や 多(おお)く の 企業(きぎょう)で 活用(かつよう) されて います。

JSST は 日本語(にほんご)に 関(かん)する 知識(ちしき)を 問(と)う ペーパーテスト とは ちがい、日本語(にほんご)の 運用(うんよう)能力(のうりょく)を 測(はか)る テスト です。 単語(たんご)、文法(ぶんぽう)、発音(はつおん) など、日本語(にほんご)に 関(かん)する 知識(ちしき)を 「その時(とき)、その場(ば)」 で 組(く)み合(あ)わせ、話(はな)し を 作(つく)る 力(ちから)を 測(はか)り ます。 話(はなす) とは、自(みずか)ら 「考(かんが)え」 「創(つく)る」 こと です。 受験者(じゅけんしゃ)に 「考(かんが)え」 「創(つ)くる」 こと を 迫(せ)まる ような 課題(かだい) を 出(だ)し、実際(じっさい)に 日本語(にほんご)で 話(はな)し て もらう ことで、ビジネスの時(とき)に おいて 必要(ひつよう)と されている 日本語(にほんご)の 運用(うんよう)能力(のうりょく)が どれだけ あるか を 評価(ひょうか)します。

WEB
日本留学試験(にほん りゅうがくしけん)
EJU
日本留学試験(にほん りゅうがく しけん)は、外国人(がいこくじん)留学生(りゅうがくせい)と して、日本(にほん)の 大学(だいがく)(学部(がくぶ))等(など)に 入学(にゅうがく)を 希望(きぼう) する者(もの)に ついて、日本(にほん)の 大学(だいがく)等(など)で 必要(ひつよう)と する日本語力(にほんご のうりょう)く 及(およ)び 基礎学力(きそがくりょく)の 評価(ひょうか)を 行(おこな)う こと を 目的(もくてき)に 実施(じっし)する 試験(しけん)です。

WEB
BJT
ビジネス日本語能力(にほんご のうりょく)テスト
BJTビジネス日本語能力(にほんご のうりょく)テスト(以下BJT)は、受験者(じゅけんしゃ)が 受験時(じゅけんじ)に どの 程度(ていど)の 日本語(にほんご)に よる ビジネス・コミュニケーション能力(のうりょく)を 持(もっ)て いるか を 測(はか)る 能力(のうりょく)テ スト(Proficiency test)です。結果(けっか)は IRT(項目応答理論)に 基(もと)づいた 統計処理(とうけい しょり)に より0~800点( てん)で 採点(さいてん)され、J1+~J5の6段階(だんかい)の レベルで 評価(ひょうか)されます。受験者(じゅけんしゃ)の 能力(のうりょく)の 絶対値(ぜったいち)を 測(はか)る ことが でき、能力(のうりょく)の 変化(へんか)を 客観的(きゃっかんてき)に 把握(はあく)できる のが 特徴(とくちょう)です。

WEB

2015年6月時点で確認できるデータに基づいております。その後、新しい制度ができたり、制度が変わる場合もありますのでご注意下さい。 なお、 リンク先のホームページは、作成者の責任において運営されているものであり、神戸市はその内容等についての責任を一切負いません。