災害に備えて
Kokko Kobe
天津事務所
上海事務所
神戸市からのお知らせ
領事館からのお知らせ

留学生支援

はっぴぃめもりーパス神戸対象施設一覧(北野・異人館)


 
9.英国館[えいこくかん] 16.アメリカンテディベアミュージアム[あめりかんてでぃべみゅーじあむ]
10.洋館長屋[ようかんながや] 17.萌黄の館[もえぎのやかた]
11. 北野外国人倶楽部 [ きたのがいこくじんくらぶ  ] 18.風見鶏の館[ かざみどりのやかた ]
12.坂の上の異人館(旧中国領事館) [さかのうえのいじんかん きゅうちゅうごくりょうじかん ] 19.香りの家オランダ館[かおりのいえおらんだかん]
13. うろこの家 [ うろこのいえ ] 20.ウィーン・オーストリアの家[うぃーん・おーすとりあのいえ]
14. 山手八番館 [ やまてはちばんかん ] 21.デンマーク館[でんまーくかん]
15. ベンの家 [ べんのいえ ] 22.神戸北野美術館[こうべきたのびじゅつかん]
東灘区 >灘区・六甲山 >北野・異人館 >ポートアイランド・三宮・元町 >須磨・舞子 >その他  

9.英国館 (えいこくかん)

当館は築後約100年の英国人設計による異人館で当時の英国人の生活様式を再現するため、エドワード朝時代の家具、調度品を展示するとともに、英国式庭園の中にダイムラーリムジンを配し、館の内外での写真は自由に撮れ、異人館のエキゾティックムードにひたることができる。
神戸市中央区北野町中2-3‐16
0120-888-581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩12分

10.洋館長屋 (ようかんながや)

外国人向けの借家として居留地から移築され、日本の長屋に似ていた点から洋館長屋と名づけられた。連続する二軒が左右対称に配置された風変わりな建物は外国人向けのフラットでした。館内は、絵画や調度品が仏蘭西色で彩られています。
神戸市中央区北野町中2-3‐18
0120-888-581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩12分

11.北野外国人倶楽部 (きたのがいこくじんくらぶ)

「ライオンハウス3号館」と呼ばれてきたこの館は開港当時の居留者の社交倶楽部をイメージした、古き良き時代の香り漂う異人館です。庭園には19世紀、英国の荘園、馬車や横穴式井戸もあります。
神戸市中央区北野町中2-18-2
0120-888-581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

12.坂の上の異人館(旧中国領事館) (さかのうえのいじんかん きゅうちゅうごくりょうじかん)

洋館の中にもモダニズム溢れる中国風を感じさせる、元は中国領事館として使用された異人館。館内に展示されている家具調度品の多くは、明(1368〜1615)時代から清朝(1616〜1911)に至る美術品コレクションである。
神戸市中央区北野町中2-18-2
0120-888-581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

13.うろこの家 (うろこのいえ)

うろこの家は円筒形塔屋と外壁に魚のうろこ状の天然スレートを張り巡らせている事により、この愛称で呼ばれており貴重な文化財の一つである。また、庭園の一部を利用してうろこ美術館も建てられておりビュッフェ、キスリング等の洋画が展示されている。また3Fから神戸の「街と港」が一望に見下ろせる。
神戸市中央区北野町中2-20-4
0120-888-581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

14.山手八番館 (やまてはちばんかん)

オリエルウインドウを配したチュダー風の三連式塔屋が特徴的な館です。館内には、ロダン、ブールデルらの彫刻やレンブランド、デューラー、ホーガースらの版画が展示されています。また2Fには、ガンダーラ、タイの古い仏像やマコンデの原始美術が所狭しと並べられている。
神戸市中央区北野町中2-20-7
0120-888-581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

15.ベンの家 (べんのいえ)

ベン・アリソン氏(狩猟家)の旧邸で、内部には同氏が世界を旅して獲った数々の獲物の剥製が所狭しと飾られている。神戸市文化財課、文化財保護メンバーの意向によって明治時代の街並みを再現・保存しようと、壁・柱・窓枠に至るまで当時のままの外装で残されている貴重な文化財の一つである。
神戸市中央区北野町中2-3-21
0120-888-581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩10分

16.アメリカンテディベアミュージアム (あめりかんてでぃべあみゅーじあむ)

アメリカンテディベアミュージアムは、平成27年10月31日をもちまして閉館しました。

17.萌黄の館 (もえぎのやかた)

明治36年、アメリカ総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として建てられた異人館。異なる形のベイ・ウィンドやアラベスク風の模様の階段、重厚なマントルピースなど贅沢なデザインとディテールが見所です。また、2階のベランダからは港を眺めることができます。
神戸市中央区北野町3-10-11
078-222-3310

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

18.風見鶏の館 (かざみどりのやかた)

かつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商ゴッド・フリート・トーマス氏が自邸として建てたもので、全体にドイツの伝統様式が採り入れられています。尖塔の上に立つ風見鶏は北野町の象徴として欠かせない存在となっています。
神戸市中央区北野町3-13-3
078-242-3223

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分


6月・2月の第一火曜日
(休館日が祝日に当たる場合は翌日)

19.香りの家オランダ館 (かおりのいえおらんだかん)

大正7年頃に建てられた木造2階建で、ドイツ壁と呼ばれる外壁モルタル吹付や、モルタル壁の2本の煙突は、当時のままを再現している。元オランダ総領事のクルシンクルさんの住居として長く使用された後、同じく元総領事のレイデッカースさんによりコーディネイトされ、正しくオランダの風俗を伝えている。
神戸市中央区北野町中2-15-10
078-261-3330

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

20.ウィーン・オーストリアの家 (うぃーん・おーすとりあのいえ)

18世紀のオーストリアの芸術と文化を紹介するギャラリー「オーストリアの家」は、オーストリア大使館の後援により香りの家オランダ館の北側に建てられ、モーツァルトの生家(オーストリア・ザルツブルク市)の部屋を再現し、偉大な作曲家を生んだ時代を紹介している。日本で一台のフォルテピアノ等を展示する。
神戸市中央区北野町中2-15-18
078-261-3466

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

21.デンマーク館 (でんまーくかん)

北欧の国デンマークをデンマーク大使館、デンマーク通商事務所の協力で一般公開。木造一部鉄筋二階建、外観は円筒状で、内部は吹く抜け構造。一階には、実物の二分の一のハイキング船の模型で航海の様子を照明と音響で演出。二階の展示コーナーには童話「人形姫」などの作者、アンデルセンの書斎を再現、ファンタジックです。
神戸市中央区北野町中2-15-12
078-261-3591

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分

22.神戸北野美術館 (こうべきたのびじゅつかん)

明治31年に建てられた西洋館で、戦前はドイツ人が住んでいたが、昭和29年から昭和62年までアメリカ合衆国の所有となり、アメリカ領事館の官舎として使用されていた。
神戸市中央区北野町中2-9-6
078-251-0581

阪神・阪急・地下鉄・JR「三宮」より北へ徒歩15分


不定休