このページの先頭です

本文へ移動

トップ > トピック

はじめての方はこちら 利用登録する

ここから本文です

【 アイコンの見方 : 質問質問(他の人からの回答を必要とするもの) 情報情報提供その他(回答を必要としないもの) 】
その他情報提供その他(回答を必要としないもの) 前回の「日本語ボランティアの集い」について
トピックNo. 37  投稿者: (ボランティア歴 : 1年未満)  投稿日:2009.01.14 17:21:57  閲覧数:1528
いつもお世話になっております。寒い日が続いていますが、みなさんお風邪などひかれていませんか?
少し前になりますが、12月16日に「日本語ボランティアの集い」“ゼロからの学習者への教え方”が開催されました。ご参加いただきました皆さまありがとうございました! いくつか講師の先生に教えて頂いたことを以下にお伝えしたいと思います。

※ゼロ初級の学習者さんをどのように教えていくのがよいか?
・日本語が全く分からない人に日本語で話していくのは難しいが、KICCでは日本語のシャワーを出来るだけあびて、日本語の世界にひたってもらうほうがよい。(ただし、媒介語で1言で言うと分かることであれば臨機応変に媒介語で伝えてもよい。)
・学習者の情報は、前もってKICCから収集しておく。
・日本語の音に慣れるようにする。(分らなくてもなるべく沢山の日本語で伝える。)

※実際のレッスンの流れ
ヽ┘ードを見せながら、新しい語彙を最初に教える。
∧厳燭魘気┐襦(会話の練習は、「みんなの日本語」のテキスト(C会話・イラストシート編」を活用するとよい)
´△魏薪戮盞り返す。
今日のまとめを板書する
そ病蠅鮟个后
ゼ,離譽奪好鵑任禄病蠅鬚笋辰討たか聞いてチェックをする。

ゼロ初級の学習者さんが、日本語アレルギーにならないように、何かされていますか?と先生が聞かれたところ、「最初にあいさつなどメリハリをつける」「ほめる(ただし、子ども扱いはしない)」「教科書中心の授業から実際学習者に役立つような内容(媒介語を入れてもOKリラックスしてもらう、1週間の出来事を話てもらう」などご意見をいただきました。
みなさん、本当にいろいろな工夫をしながら教えて頂いています。ありがとうございます。

模擬授業も予定していましたが、時間が足りなかったので次の機会をご期待下さい!

これからも「日本語ボランティアの集い」をどうぞよろしくお願いいたします。
このテーマで開催してほしい。などあれば是非投稿してください。お待ちしています。










[ 前のページへ戻る ]←

▲このページのトップへ