神戸国際コミュニティセンター

在留(ざいりゅう)資格(しかく)認定(にんていしょう)証明書(しょうめいしょ) と 就労(しゅうろう)資格(しかく)証明書(しょうめいしょ)に ついて・・・

Q1.私(わたし)は 外国人(がいこくじん)で 就労(しゅうろう)資格(しかく)が あります。妻(つま)や 子(こ)どもは 国(くに)に います。早(はや)く 日本(にほん)に 呼(よ)びたいです。手続(てつづ)きを 簡単(かんたん)に できる 方法(ほうほう)が ありますか?
A1. 在留(ざいりゅう)資格(しかく)認定書(にんていしょ)を もらってから、家族(かぞく)の ビザの 申請(しんせい)を すると いいです。

在留(ざいりゅう)資格(しかく)認定(ていしょう)証明書(しょうめいしょ)は、日本(にほん)に 来(き)たい 外国人(がいこくじん)の 目的(もくてき)が 日本(にほん)の 法律(ほうりつ)に 合(あ)って いる ことを みせます。日本(にほん)で もらいます。あなたが 申請(しんせい)して(申(もう)し込(こ)んで)、この 証明書(しょうめいしょ)を もらいます。そして、あなたの 奥(おく)さんが、日本(にほん)の 領事館(りょうじかん)に ビザを 申請(しんせい)する 時(とき)に、この 証明書(しょうめいしょ)を 一緒(いっしょ)に 出(だ)します。そうしたら、早(はや)く、ビザが 出(で)ます。でも、この 証明書(しょうめいしょ)が あっても、ビザが 出(で)ないかも しれません。短期(たんき)滞在(たいざい)(日本(にほん)に いる 時間(じかん)が 短(みじか)い)の 人(ひと)には この 証明(しょうめい)書(しょ)は 出(で)ません。

在留(ざいりゅう)資格(しかく)認定(にんてい)証明書(しょうめいしょ) の もらい方(かた)(Q1を 相談(そうだん)した 人(ひと)の 場合(ばあい))
 あなたが、家族(かぞく)と 住(す)む 場所(ばしょ)の 入国(にゅうこく)管理(かんり)官署(かんしょ)に 申(もう)し込(こ)んで ください。お金(かね)は 無料(むりょう)です。この 時(とき)、必要(ひつよう)な 書類(しょるい)は 下(した)の 7つです。
@在留(ざいりゅう)資格(しかく)認定(にんてい)証明書(しょうめいしょ)交付(こうふ)申請書(しんせいしょ)(これは 入国(にゅうこく)管理(かんり)署(しょ)に あります)
A写真(しゃしん)(4cm×3cm) 
B392円分(えんぶん)の切手(きって)(簡易(かんい)書留(かきとめ)の ための 切手(きって))を はった 封筒(ふうとう)
Cあなたの 在留(ざいりゅう)カードか パスポートの コピー 
Dあなたと、妻(つま)や 子供(こども)の 関係(かんけい)が わかる 役所(やくしょ)の 書類(しょるい)(結婚(けっこん)証明書(しょうめいしょ)、出生(しゅっせい)証明書(しょうめいしょ)など) 
Eあなたの 仕事(しごと)が 何(なに)か 分(わ)かる もの(在職(ざいしょく)証明書(しょうめいしょ))など
Fあなたが 1年間(ねんかん)に もらえる お金(かね)や、税金(ぜいきん)の 値段(ねだん)が 分(わ)かる もの(納税(のうぜい)証明(しょうめい)書(しょ)など)
この証明書(しょうめいしょ)を もらった あとで、国(くに)に いる 妻(つま)や 子(こ)どもに 送(おく)って、ビザの 申請(しんせい)を して ください。

*相談(そうだん)した 人(ひと)の 資格(しかく)が 就労(しゅうろう)ではない 場合(ばあい)、必要(ひつよう)な 書類(しょるい)は @〜Fと 同(おな)じでは ありません。


Q2.私(わたし)の 在留(ざいりゅう)資格(しかく)は 「人文(じんぶん)知識(ちしき)・国際(こくさい)業務(ぎょうむ)」です。A社(しゃ)(貿易(ぼうえき)会社(がいしゃ))で 働(はたら)いて います。A社(しゃ)の 仕事(しごと)は 働(はたら)く 期間(きかん)の 約束(やくそく)が ありますが、それが 終(お)わる 前(まえ)に、B社(しゃ)(貿易(ぼうえき)会社(かいしゃ))に 変(か)わりたい です。どうしたら いいですか。
A2.B社(しゃ)の 仕事(しごと)が あなたの 資格(しかく)と ちがうかも しれません。「就労(しゅうろう)資格(しかく)証明書(しょうめいしょ)」を もらったら いいです。

日本(にほん)に いる 外国人(がいこくじん)が できる 仕事(しごと)が 書(か)いて あります。日本(にほん)の 国(くに)の 証明(しょうめい)です。これを 見(み)たら、会社(かいしゃ)は、あなたの 資格(しかく)が わかります。あなたは 自分(じぶん)の 資格(しかく)を 見(み)せる ことが できます。転職(てんしょく)(仕事(しごと)や 会社(かいしゃ)を 変(か)える)で 在留(ざいりゅう)資格(しかく)を 更新(こうしん)する 時(とき)に、手続(てつづ)きが 簡単(かんたん)です。でも、これが なくても、仕事(しごと)を 探(さが)したり、働(はたら)いたり する ことが できます。

就労(しゅうろう)資格(しかく)証明書(しょうめいしょ)の もらい方(かた)(Q2を 相談(そうだん)した 人(ひと)の 場合(ばあい))
あなたは 次(つぎ)の 書類(しょるい)など(@就労(しゅうろう)資格(しかく)証明書(しょうめいしょ)交付(こうふ)申請書(しんせいしょ)、Aパスポート、在留(ざいりゅう)カードなど)を 持(も)って、近(ちか)くの 入国(にゅうこく)管理(かんり)官署(かんしょ)に 行(い)って ください。手続(てつづ)きは お金(かね)が 要(い)ります。

*あなたが 行(い)かないで 他(ほか)の 人(ひと)に 頼(たの)んだ時(とき)は 違(ちが)う 書類(しょるい)が 必要(ひつよう)です。



Q3.私(わたし)は 中国人(ちゅうごくじん)の 留学生(りゅうがくせい)です。中国(ちゅうごく)に いる 父(ちち)や 母(はは)を 日本(にほん)に 呼(よ)んで、一緒(いっしょ)に 生活(せいかつ)することが できますか?
A3.あなたの お父(とう)さんや お母(かあ)さんが 長(なが)い 間(あいだ)、日本に いる ことは できません。しかし、短期(たんき)滞在(たいざい)査証(さしょう)(90日(にち)まで)で 呼(よ)ぶ ことは できます。

<親族(しんぞく)・知人(ちじん)訪問(ほうもん)の「短期(たんき)滞在(たいざい)査証(さしょう)」の 申(もう)し込(こ)み方(かた) : 中国(ちゅうごく)に 住(す)んで いる 中国人(ちゅうごくじん)が、日本(にほん)に いる 親戚(しんせき)などを 訪問(ほうもん) する 場合(ばあい)>
あなたの 場合(ばあい)、招(しょう)へい人(にん)=あなた(中国人(ちゅうごくじん)留学生(りゅうがくせい))、申(しん)請人(せいにん)=父母(ふぼ) です。

1.あなたが 準備(じゅんび)する 書類(しょるい)
@ 日本(にほん)に 呼(よ)ぶ 理由(りゆう)を 書(か)く 書類(しょるい)
A 日本(にほん)に いる 間(あいだ)の 予定表(よていひょう)
B 身元(みもと)保証書(ほしょうしょ)(身元(みもと)保証人(ほしょうにん)は、 招(しょう)へい人(にん)と 同(おな)じで いいです)
C 身元(みもと)保証人(ほしょうにん)に ついての資料(しりょう)
  住民票(じゅうみんひょう)、 仕事(しごと)をしていること または、学校(がっこう)に行(い)っていることを 証明(しょうめい)する資料(しりょう)、  収入(しゅうにゅう)が わかる資料(しりょう)、 在留(ざいりゅう)カードのコピー
D (あなたが 身元(みもと)保証人(ほしょうにん)では ない 場合(ばあい))招(しょう)へい人(にん)に ついての 書類(しょるい)

2.@から Dの 書類(しょるい)が できたら、1枚(まい) ずつ コピーして ください。@から Dの 書類(しょるい)と コピーを 中国(ちゅうごく)の 申(しん)請人(せいにん)(あなたの お父(とう)さんと お母(かあ)さん)に 送(おく)って ください。審査(しんさ)の ときの 質問(しつもん)の ために、もう 1枚(まい) コピー したほうが いいです

3.中国(ちゅうごく)で 用意(ようい)する 書類(しょるい):中国(ちゅうごく)に いる 申(しん)請人(せいにん)(父母(ふぼ))は、パスポート、写真(しゃしん)と、「必要(ひつよう)な 書類(しょるい)」を 中国(ちゅうごく)で 準備(じゅんび)します。「必要(ひつよう)な 書類(しょるい)」は、中国(ちゅうごく)に ある 日本(にほん)大使館(たいしかん)や 総領事館(そうりょうじかん)に 聞(き)いて ください。

4.申(しん)請人(せいにん)(父母(ふぼ))は 2の 書類(しょるい)と、3の 書類(しょるい)を 持(も)って、日本(にほん)大使館(たいしかん)や 総領事館(そうりょうじかん)に 行(い)って ください。そこで、査証(さしょう)申請(しんせい)を してください。書類(しょるい)は 全部(ぜんぶ) 3ヶ月(かげつ)以内(いない)の ものを 使って ください。書類(しょるい)は、パスポートだけ 返(かえ)します。他(ほか)の 書類(しょるい)は 返(かえ)しません。

5.申請(しんせい)したら、日本(にほん)大使館(たいしかん)や 総領事館(そうりょうじかん)で 審査(しんさ)します。審査(しんさ)は、だいたい 1週間(しゅうかん)くらい(もっと 長(なが)い 場合(ばあい)も あります)です。

6.査証(さしょう)の 有効(ゆうこう)期間(きかん)(書類(しょるい)が 使(つか)える 期間(きかん))は 3ヶ月(かげつ)です。もっと 長(なが)く する ことは できません。」

※妻(つま)や 子(こ)どもと 一緒(いっしょ)に 住(す)む 場合(ばあい)は、 「家族(かぞく)滞在(たいざい)」の 在留(ざいりゅう)資格(しかく)に なります。上(うえ)の 方法(ほうほう)とは 違(ちが)います。


在留(ざいりゅう)資格(しかく)    
法務省(ほうむしょう)HP


【聞(き)く ところ】 

大阪(おおさか)入国(にゅうこく)管理局(かんりきょく) 神戸(こうべ)支局(しきょく)
TEL:078-391-6377/月曜日(げつようび)から 金曜日(きんようび)まで 9:00-16:00

外国人(がいこくじん)在留(ざいりゅう)総合(そうごう)インフォメーションセンター
TEL:0570-013-904/月曜日(げつようび)から 金曜日(きんようび)まで 8:30-17:15 

(英語(えいご)、韓国語(かんこくご)、中国語(ちゅうごくご)、スペイン語(ご)などで 話(はなし)が できます)



2016年(ねん)2月(がつ)時点(じてん)で確認(かくにん)できるデータ(でーた)を基(もと)にしています。その後(あと)に新(あたら)しい制度(せいど)ができたり、制度(せいど)が変(か)わる場合(ばあい)もありますのでご注意(ちゅうい)ください。なお、リンク先(りんくさき)のホームページ(ほーむぺーじ)は、作成者(さくせいしゃ)の責任(せきにん)で運営(うんえい)されているもので、神戸市(こうべし)はその内容(ないよう)などについての責任(せきにん)をまったく負(お)いません。