神戸国際コミュニティセンター

交通(こうつう)事故(じこ)

<1>交通(こうつう)事故(じこ)の とき
@あなたが 交通(こうつう)事故(じこ)で けがを したり 物(もの)が こわれたり した とき
(事故(じこ)に あった 人(ひと)を 被害者(ひがいしゃ)と いいます)

・すぐに 警察(けいさつ)に 電話(でんわ)して ください。(電話番号(でんわ ばんごう)110)
・けがが 軽(かる)いと 思(おも)っても、病院(びょういん)へ 行(い)って ください。病院(びょういん)で 診断書(しんだんしょ)(医者(いしゃ)が けがに ついて 書(か)いた 書類(しょるい))を もらって ください。
・事故(じこ)を おこした 人(ひと)の 運転(うんてん)免許証(めんきょしょう)(車(くるま)の 運転(うんてん)が できる 書類(しょるい))を 見(み)て ください。名前(なまえ)、住所(じゅうしょ)、電話(でんわ)、車(くるま)の 番号(ばんごう)、いつ 保険(ほけん)に 入(はい)ったか、保険(ほけん)の 会社(かいしゃ)の 名前(なまえ)を メモして ください。
・事故(じこ)を 見(み)た 人(ひと)に、名前(なまえ)、住所(じゅうしょ)、電話(でんわ)番号(ばんごう)を 聞(き)いて ください。あなたの 車(くるま)が こわれたり、傷(きず)などが あったら、写真(しゃしん)を とって ください。
Aあなたが 交通(こうつう)事故(じこ)を おこした とき
(事故(じこ)を おこした 人(ひと)を 加害者(かがいしゃ)と いいます)
・けがを した 人を 助(たす)けて ください。救急車(きゅうきゅうしゃ)(病院(びょういん)へ けがした 人(ひと)を 運(はこ)ぶ 車(くるま))に 電話(でんわ)して ください。(電話番号(でんわばんごう)119)
・警察(けいさつ)に 知(し)らせて ください。(電話番号(でんわばんごう)110)
・ほかの 車(くるま)に 事故(じこ)を 知(し)らせなければ なりません。手(て)を ふったり、三角(さんかく)表示板(ひょうじばん)(事故(じこ)の とき 道(みち)に おく 三角(さんかく)の 赤(あか)い プラスチック)を おいたり してください。
・あなたの 車(くるま)の 保険(ほけん)の 会社(かいしゃ)に 電話(でんわ)して ください。


<2>事故(じこ)の種類(しゅるい)
 警察(けいさつ)に 知(し)らせると、あとで あなたの けがや、こわれた 車(くるま)を 直(なお)す お金(かね)を もらう ことが できるかも しれません。知(し)らせないと、もらう ことが できないかも しれません。知(し)らせる ことを 「申請(しんせい)」と いいます。その事故(じこ)で 何(なん)に お金(かね)を 払(はら)うか、2種類(しゅるい) あります。
@物損(ぶっそん)事故(じこ)…車(くるま)や 物(もの)が こわれた とき。
A人身(じんしん)事故(じこ)…人(ひと)が けがを した とき。

<3>損害(そんがい)請求(せいきゅう)について
 事故(じこ)の あと、保険(ほけん)の 会社(かいしゃ)から お金(かね)が もらえます。会社(かいしゃ)に お金(かね)を 払(はら)って くださいと 頼(たの)む ことを 損害(そんがい)請求(せいきゅう)と いいます。事故(じこ)を おこした 人(ひと)と 事故(じこ)に あった 人(ひと)と どちらに たくさん 不注意(ふちゅうい)が あったか、その %で もらう お金(かね)が 変(か)わります。たとえば、
@病院(びょういん)に 払(はら)う お金(かね)
Aけがで 仕事(しごと)を 休(やす)んだ とき、もらえる お金(かね)
B事故(じこ)で 心(こころ)に きずが ついたので、 もらえる お金(かね)
C車(くるま)を なおす とき 払(はら)う お金(かね)
事故(じこ)で、体(からだ)に 障(しょう)がい(生活(せいかつ)が 不便(ふべん)に なる 体(からだ)の 故障(こしょう))が 残(のこ)った ときも、 お金(かね)が もらえます。

<4>保険(ほけん)について
車(くるま)を 運転(うんてん)する 人(ひと)は、かならず 自賠(じばい)責(せき)保険(ほけん)(自動車(じどうしゃ)損害(そんがい)賠償(ばいしょう)責任(せきにん)保険(ほけん))に 入(はい)らなければ なりません。法律(ほうりつ)で 決(き)まって います。

自賠(じばい)責(せき)保険(ほけん)(強制(きょうせい)保険(ほけん))は、かならず 入(はい)らなければ なりません。被害者(ひがいしゃ)が 死(し)んだ ときは 3千万円(ぜんまんえん)まで、けがを した ときは 120万円(まんえん)まで、この 保険(ほけん)で 払(はら)う ことが できます。大(おお)きい 事故(じこ)の ときは、この 保険(ほけん)の お金(かね)が 足(た)りないかも しれません。労災(ろうさい)(会社(かいしゃ)で はたらいている 人(ひと)の ための 保険(ほけん)。会社(かいしゃ)で 働(はたら)いて いる 人(ひと) みんなが 入(はい)ります)や 国民(こくみん)健康(けんこう)保険(ほけん)も 使(つか)えます。車(くるま)や 物(もの)が こわれても、この保険(ほけん)で お金(かね)を 払(はら)う ことは できません。
・大(おお)きい 事故(じこ)の ときは 自賠(じばい)責(せき)保険(ほけん)の お金(かね)が 足(た)りないかも しれません。任意(にんい)保険(ほけん)(入(はい)りたい 人(ひと)が 入(はい)る 保険(ほけん))にも 入(はい)った ほうが いいです。

・仕事(しごと)を して いる ときや 仕事(しごと)へ 行(い)く とき、仕事(しごと)から 帰(かえ)る ときに 事故(じこ)に あったら、労災(ろうさい)から 病院(びょういん)の お金(かね)を 払(はら)います。会社(かいしゃ)に 連絡(れんらく)して ください。

<5>交通(こうつう)事故(じこ)証明書(しょうめいしょ)
 いつ 事故(じこ)が おきたか、加害者(かがいしゃ)と 被害者(ひがいしゃ)の 名前(なまえ)や 住所(じゅうしょ)などが 書(か)いて ある 書類(しょるい)です。どんな 事故(じこ)だったか 知(し)りたい とき、自動車(じどうしゃ)安全(あんぜん)運転(うんてん)センターで もらえます。
 <証明書(しょうめいしょ)の もらい方(かた)>
@申込(もうしこみ)用紙(ようし)(申(もう)し込(こ)みの 書類(しょるい))は、警察(けいさつ)署(しょ)、交番(こうばん)、駐在所(ちゅうざいしょ)、自動車(じどうしゃ)安全(あんぜん)運転(うんてん)センター兵庫県(ひょうごけん)事務所(じむしょ)にあります。
A近(ちか)くの 郵便局(ゆうびんきょく)から 郵便(ゆうびん)振替(ふりかえ)で 申(もう)し込(こ)んで ください。自動車(じどうしゃ)安全(あんぜん)運転(うんてん)センター兵庫県(ひょうごけん)事務所(じむしょ)へ 申(もう)し込(こ)んでも いいです。WEBで 申(もう)し込(こ)みも できます。この 申(もう)し込(こ)み を 申請(しんせい)、書類(しょるい)を 申(しん)請書(せいしょ)と 言(い)います。
B証明書(しょうめいしょ)は 郵便(ゆうびん)で あなたの 家(うち)へ 送(おく)って きます。
C1通(つう)の 申請書(しんせいしょ)で 何度(なんど)も 申請(しんせい)できます。1回(かい) 540円(えん) いります。

くわしい ことは、自動車(じどうしゃ)安全(あんぜん)運転(うんてん)センター兵庫県(ひょうごけん)事務所(じむしょ)(神戸市(こうべし)中央区(ちゅうおうく)下山手通(しもやまてどおり)5丁目(ちょうめ)4番(ばん)1号(ごう) 県(けん)警察(けいさつ)本部(ほんぶ)庁舎内(ちょうしゃない)
電話(でんわ) 078−351−7882〜7884へ 聞(き)いて ください。(日本語(にほんご))



<交通(こうつう)事故(じこ)相談(そうだん)窓口(まどぐち)>
@   兵庫県(ひょうごけん)交通(こうつう)事故(じこ)相談所(そうだんしょ)(日本語(にほんご)だけ)
電話(でんわ):078−360−8521
時間(じかん):相談員(そうだんいん)に 会(あ)って 相談(そうだん)する 月(げつ)・火(か)・木(もく)・金(きん)/午前(ごぜん)9:00から 12:00まで、午後(ごご)1:00から 4:00まで(予約(よやく)が いります) 

A(財(ざい))日(にち)弁連(べんれん)交通(こうつう)事故(じこ)相談(そうだん)センター 神戸(こうべ)相談所(そうだんしょ)(日本語(にほんご)だけ)
電話(でんわ):078−341−1717
時間(じかん):月(げつ)曜日(ようび)から 金(きん)曜日(ようび)まで/午前(ごぜん)10:00から 12:00まで、午後(ごご)1:00〜4:00まで(予約(よやく)が いります)


B(財(ざい))交通(こうつう)事故(じこ)紛争(ふんそう)処理(しょり)センター 大阪(おおさか)支部(しぶ) (日本語(にほんご)だけ)
電話(でんわ):06−6227−0277


2013年(ねん)7月(がつ)時点(じてん)で確認(かくにん)できるデータ(でーた)を基(もと)にしています。その後(あと)に新(あたら)しい制度(せいど)ができたり、制度(せいど)が変(か)わる場合(ばあい)もありますのでご注意(ちゅうい)ください。なお、リンク先(りんくさき)のホームページ(ほーむぺーじ)は、作成者(さくせいしゃ)の責任(せきにん)で運営(うんえい)されているもので、神戸市(こうべし)はその内容(ないよう)などについての責任(せきにん)をまったく負(お)いません。