災害に備えて
Kokko Kobe
天津事務所
上海事務所
神戸市からのお知らせ
領事館からのお知らせ

団体一覧

神戸エスペラント会
KOBE ESPERANTO−SOCIETO

設立目的 エスペラントの学習と晋及を通じて、国際的な相互理解と親睦交流を目差す。すなわちエスペラント運動の推進を目的とする。
会の特徴 国際共通語エスペラントの学習とその使用による世界各国のエスペランチストとの交流。
連絡先 〒651−2243 神戸市西区井吹台西町2−1−5−401
中道 民広 方 TELFAX (078)993−0073
代表者 会長 磯貝 尚武  事務局 中道 民広  
フェア担当:磯貝 尚武 〒655-0043 神戸市垂水区神陵台3−2−2−307
TEL (078)783−1071
mail  nkmt@topaz.plala.or.jp
web http://sites.google.com/site/kobeesperanto/
設立年月日 1969年9月1日
会員数 正会員33人 準会員6人(2005年4月現在)
入会条件 エスペラントに関心をもつ人。(要会費500円/月 入会金300円)
活動内容・時期 ○週例会 学習と来神エスペランチストとの交流
 毎火曜18:30〜20:30  毎金曜13:00〜15:00
 毎土曜13:00〜17:00
○月例会 世界大会や外国訪問の報告会 随時
 忘年会、新年会、交流合宿、遠足など
○講習会 火曜コース及び土曜コース 春と秋
○その他 第59回関西エスペラント大会の開催(2011.06)
刊行物 機関紙「Senlimo」(センリーモ=無限の意)(隔月刊)
「おしらせ」(毎月)
メッセージ 海外旅行の時も国際会議や大会でもまず困るのがコトバの問題。少数の大国のコトバだけがハバをきかせる時代ではなくて、学習が容易で、中立的な言語、そうエスペラントこそこういう時代の共通語になり、人と人のはしわたしをする言語となります。皆さんも一緒に学び、いっしょに行動しましょう。


*この一覧で紹介している団体は、当センターに登録、または推薦・公認している団体というわけではありません。
 また、掲載している情報は、各団体からの依頼に基づき作成・更新しているものであり、当センターが、その内容を保証するものではありません。
 詳細は直接各団体までお問い合わせください。